沿革 > 第3代教授:北田泰之

北田 泰之

在職当時写真
【第3代教授】
1997年10月−2009年03月

1997年10月、岡山大学歯学部より赴任。研究領域は、神経生理および味覚受容機構。2000年度から4年間、ハイテク・リサーチセンター整備事業「顎口腔系高機能生体材料の開発」のプロジェクトに参加し、研究に貢献。2005年度から5年間、「長寿科学としての顎口腔系抗加齢医学の追究と生体材料による機能回復法の新展開」のプロジェクトを、研究代表者として総括。2005年9月、日本味と匂学会第39回大会を主宰し、大会長を務めた。2008年に出版された基礎歯科生理学第5版(医歯薬出版)では、味覚について執筆。歯学博士。

在籍者  ※非常勤教職員を除く

佐藤匡(助教授)
  1979年10月−2003年03月

松本範雄(准教授、助教授、嘱託講師)
  1974年05月−2009年03月

染井宏祐(講師)
  1982年09月−1999年03月

成田欣也(講師、助手)
  2002年04月−現在

赤羽和久(助教、助手)
  1982年07月−2012年03月

深見秀之(助教、助手)
  2004年04月−2018年03月

平孝清(助手)
  1973年08月−2002年03月

川原田啓(助手)
  1989年04月−2000年03月

浦田静子(技術員補)
  1973年04月−2011年03月

岩渕有紀子(大学院生)
  2000年04月−2004年03月

矢作理花(大学院生)
  2002年04月−2006年03月

横瀬隆夫(大学院生)
  2003年04月−2007年03月

内山偉誠(大学院生)
  2003年04月−2007年03月

山内禎(大学院生)
  1995年04月−1999年03月

松嶋正造(研究生)
  1982年04月−2013年07月