研   究

口腔からの感覚情報が、どのように摂食・飲水、授乳などの社会性行動をひきおこすか、関与する神経回路網とその修飾機構を明らかにする研究を、電気生理学的手法(パッチクランプ法、スライスパッチ法) を中心に、イメージング法 (カルシウム、蛍光、fMRI)、組織化学染色法、細胞培養法、分子生物学的手法、遺伝子工学的手法、遺伝子改変マウスの行動解析などの手法を併用して行っています。

  1. 味覚、嗅覚およびフェロモンの受容メカニズムに関する研究
  2. 中枢神経系における感覚情報処理機構の発達に関する研究
  3. 摂食・飲水、授乳、攻撃などの社会行動をひきおこす神経回路(扁桃体、視床下部、大脳基底核間の結合様式)と、その修飾機構に関する研究
  4. 扁桃体による痛覚抑制機序の研究
  5. 唾液腺の水分泌に関わるアクアポリンチャンネルに関する研究

カエルを用いた味覚受容機構に関する研究

味覚神経線維のCaCl2やキニーネ(苦味)に対する応答

図

カエル味蕾を構成するいろいろな種類の細胞

図

キニーネで刺激した時の細胞内カルシウム濃度変化

図


「本能・情動行動異常」を示す遺伝子改変マウスを用いた
社会行動をひきおこす神経回路に関する研究

行動様式プロファイリング:行動異常時の行動様式を明らかにする。

図

神経回路解析:行動異常時の神経回路異常を明らかにする。

図

脳機能イメージング:行動異常時の脳内責任部位を明らかにする。

図

網羅的遺伝子発現解析:行動異常時の脳を分子レベルで詳細に解析する。

図


嗅覚受容メカニズムおよびアクアポリンチャンネルに関する研究

スライスパッチ用実験セット

図

副嗅球の神経細胞とその蛍光物質注入像

図 図

耳下腺腺房細胞とその電流記録

図 図